ナルディ(NARDI)ステアリングリペア編をアップしました!!

ジムニーのオイルプレッシャースイッチ交換編

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 交換 方法

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ジムニッ記 40

今回はジムニー(JB32)のオイルプレッシャースイッチを交換したので、その工程を紹介していきます。

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 交換 方法




オイルプレッシャースイッチとは!?

オイルプレッシャースイッチはエンジンのシリンダーブロックに付けられている装置で

エンジンオイルの圧(油圧)が低下すると、メーターパネル内にある油圧警告灯(オイルランプ)を点灯する仕組みになっています。

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 位置 場所
JB32
ジムスタ
ジムスタ

油圧警告灯が付いたらまずオイル漏れによるエンジンオイル不足か
古い車であればオイルプレッシャースイッチの故障を疑いますd( ̄  ̄)

JB23はプレッシャースイッチの接続部からオイル漏れすることが多いようです。



JA11とJA12,22、JB32、JB23など、それぞれオイルプレッシャースイッチの位置は違いますが

JA11以外は車下からアプローチできるみたいです。

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 場所



交換するオイルプレッシャースイッチは純正品が生産を終了しているので社外品を購入しました。

純正品番価格社外品
JA1137820-82001
(37820-820P0)
生産終了二葉電気製作所 S-6114
JA12,2237820-82001
(37820-820P0)
生産終了二葉電気製作所 S-6114
JB3237820-82001
(37820-820P0)
生産終了二葉電気製作所 S-6114
JB2337820-73H10生産終了二葉電気製作所 S-6207
ジムニー オイルプレッシャースイッチ 交換 方法




オイルプレッシャースイッチの交換方法

オイルプレッシャースイッチの交換工程を紹介していきます。

オイルプレッシャースイッチの交換手順

まずはオイルプレッシャースイッチの先に配線が接続してあるので外します。

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 端子 取り外す

平形端子がサビサビだったので新品に交換しました。

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 端子 交換
ジムスタ
ジムスタ

端子のサビがひどくてスイッチに通電せず不具合を起こしてる可能性もあるかもしれないので
まずは端子を交換してテストしてからスイッチ本体を交換するか検討した方がいいかもしれませんねd(ー ー;)

オイルプレッシャースイッチのレンチサイズは27~28mmになります。

かなり苦労しましたが無事取り外すことができました。

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 交換 レンチ サイズ
ジムスタ
ジムスタ

プレッシャースイッチを外しても少量オイルが滴るだけで漏れることはないので
交換前にオイルを抜く必要はありませんでしたd( ̄  ̄)

新旧を比較するとこんな感じです⬇︎⬇︎

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 交換 方法

オイル漏れしやすい場所なので耐油製のシールテープをネジきりに巻いてから

20~25N・mで締め付けます。

最後に新しい平端子配線を差し込んで交換完了です。

ジムニー オイルプレッシャースイッチ 新品 交換 方法
ジムスタ
ジムスタ

新しいオイルプレッシャースイッチのレンチサイズは24mmでしたd( ̄  ̄)




最後に

今回は決してオイルプレッシャースイッチが壊れたりトラブルがあったわけではなかったのですが

油温・油圧センサーの取り付け時についでに交換することしました。

10万キロ越えや年数がかさんだ車で交換歴がない場合は

エンジンオイルやエレメント交換ついでに交換しておいた方がいいかもしれませんね。

ジムスタ
ジムスタ

高い買い物ではないですし、何かトラブルが起こる前に交換しておいた方が無難ですd( ̄  ̄)


以上、最後まで読んでいただきありがとうございました(=゚ω゚)ノ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です